長男の自宅学習

小学3年生の長男。

算数は得意だが、それ以外ももうちょっと頑張ってもらいたい。

11月から4月の始業式まで自習学習のスケジュールを立ててみた。

 

まずは一番不得な理科を考えてみる。

改めてテストの結果をみたが、バラツキが激しい。

興味の差がなのか単にその時は気が乗らなくて雑に答えたのか、その両方なのか。

 

宿題は常に計算と漢字、日記(週末のみ)のため、理科に関しては日々の授業のフォローに徹してみる。

 

知識を問うのではなくスモールステップで復習ができる、くもんの「理科集中学習 小学3年生」を購入。

現在は太陽のうごきを学習しているのでそこをまずやらせる。

過去分は単元ごとにまとめテストがあるのでそれをやらせてみて、不得な分野を改めて細かく復習させてみよう。たぶんほとんどの単元が該当しそうだけど。

 

くもんはシリーズが多いが、こどもの課題・目標に合わせてどれを選べば良いのかわかる一覧が入っていたので、活用できそう。

問題レベルは標準かやさしいの2種類がないが、これが公文式なのかな。

 

しかし理科のテキストってそもそも数が少ない...。時間割に割かれている割合を考えるとしょうがないのか。

 

ウォッチメーカー The Cold Moon

ジェフリー・ディーヴァー著 2006

 

キャサリン・ダンス初登場

 

以前ダンスの外見などを、今後シリーズを読む上で参考になるかと書き留めた。

rakatti.hatenablog.com

初期の本はもっと詳しく書いてあるのではないかと、初登場のウォッチメーカーを読み返してみたところ、経歴から外見、旦那さんの名前まで実に詳しく描写されていた。

(そう考えるとライムはそこまでハッキリ書いてない気がするが、単に覚えていないだけかもしれない)

 

--キャサリンダン

経歴:

大学卒業後、記者となる。

やがて事件記者となり弁護士や陪審員を観察しているうちに、その人を見て、話を聞けば嘘か真実を言っているのがたちどころにわかるという、自身の才能に気づく。

記者時代にFBI捜査官であるウィリアム・スウェンソンと知り合い、結婚する。

記者に飽きて転職を決意したキャサリンは、カリフォルニア大学サンタクルズ校心理コミュニケーション学科の修士号を取得。

その後、陪審員選択コンサルティング事務所を開き大きな利益をあげる。

しかし6年後、再び進路変更を決めた彼女は、サクラメントにあるカリフォルニア州捜査局(CBI)のトレーニングアカデミーの学生となり、警察官となった。

 

外見:

身長165センチ。暗めの金髪をフレンチブレードに結い、流行最先端の靴を履いている。瞳は緑色。

 

その他:

30代。12歳の息子ウェスと10歳の娘マギーがいる。

 

扇動者でも子供たちの年齢は同じだったこと、ウォッチメーカーでリンカーンとは初対面、扇動者でリンカーンとアメリアにもらった腕時計を付けていることから、時系列はウォッチメーカー→(1年以内)扇動者という流れらしい。

著作自体は10年間が空いているが、話自体はギュッと詰めているらしい。

 

その他2:

来年のクリスマス休暇には、子供たちをニューヨークへ連れてきたいと考えていたが、実行したんだろうか。

 

--ウィリアム・スウェンソン(夫)

2年半前に交通事故で死亡。

ダンスと知り合ったときは、FBIサンノゼ支局の捜査官。 

扇動者 SOLITUDE CREEK

ジェフリー・ディーヴァー著 2015

 

ダンスはある捜査で大きなミスを犯し、民事部へ異動となる。

民事部の仕事は税金や保険が適切に処理されているか確認する、というような退屈というか耐えられないような内容だった。

しかしその仕事で訪れたナイトクラブ「ソリチュード・クリーク」の火災事故が、実は誰かの手で仕組まれた犯罪だと気づき捜査を始める。

 

 

キャサリン・ダンス4作目。

 シリーズ物だと登場人物のバックグラウンドが重要になっていくが、近年の記憶力低下に加え、数年ごとに1冊なのでどうしても覚えていられない。

ここに書いて次回のシリーズのときに読み返そう。

 

--まずは主人公のキャサリン・ダンス。

FBI捜査官である夫ビルとは死別し、2人の子供ウェスとマギーがいる。

靴と音楽を愛しアマチュアミュージシャンでもある。

 

瞳の色は碧。

美人ではないか。俳優のケイト・ブランシェットにどことなく似ている。

『扇動者』より

 ということは、金髪で細身、背は高い感じなんだろうか。

グレーのニッサンパスファインダーに乗っている。

 

リンカーン・ライムとアメリア・サックスからクリスマスプレゼントとして贈られた、深緑色の革バンドのロレックスを着用している。

以前の腕時計はタイメックスだった模様。

 

--ウェス

整った顔立ちに優しい性格。12歳。

 

--マギー

10歳。歌がうまい。

 

--スチュアート・ダンス

キャサリン父親。70歳。元海洋生物学者。

185cm、肩幅が広く、真っ白な神は多い上にくせ毛。

週何日かは有名なモンテレーベイ水族館で働き、合間に孫のベビーシッターやカーメルの自宅の庭いじりをしている。

 

Lineの引き継ぎに失敗する

iPhone7ゴールドの32GBへ変更。

5から6に変えた経験もあり、事前にチェックしておいたのはLineの引き継ぎ方だけだった。

ゲスとベッキーの騒動で、2016年2月より1アカウントにつきスマホは1台のみ使用可となったらしい。

 

事前にLine公式をチェックし、指示通りに引き継ぎ設定したというのに、なぜか新端末ではエラーとなってしまう。

Line側に問い合わせたりなんやかんやで、結局使えるようになったのは4日後だった。

旧端末は下取りは郵送にしたため、そのあいだは旧端末でLineのみ使用してしのいでいた。

 

lost girl ロストガール

Netflixにオススメされたファーゴがあまりに良かったので、次にお勧めされた『lost girl』を見始めた。

 

主人公、Anna Silk演じるボウは18歳の時、自分が人間ではなく怪物かなにかだと自覚し、その力のせいで逃亡生活を強いられ、10年を経てフェイと呼ばれる生き物と分かるところから話が始まる。

 

フェイとは総称で日本で言うところの妖怪に当たるらしい。

雪女、かっぱ、ガマ仙人、狼男や吸血鬼などおなじみのものから、人の血液に入り込んで相手を知るものや、身体を思い通りに操れるなど様々な種類がフェイがいる。

 

ボウは人の性欲を吸い生気を得ているフェイで、サキュパスと呼ばれている。

サキュパスは、吸血鬼に血が必要なように人間やフェイの性欲が必要なわけで、かなり頻繁にキスやさらにその先のシーンが出てくるので、子供とは一緒に見られない。

Supernatural gets sexyとは確かにそうだ。

youtu.be

 

ロストガールとブラックリストは、話の構造が似ていると思う。

ボウもエリザベスも養子で自身の両親が誰か知らず、また両親が誰なのかがシーズンを通して謎を解くキーとなっている。

シーズン1で誰かはなんとなくわかるものの、2の途中ではまだ全貌がハッキリしていない。

恋愛に関してもふたりとも上手くいっているのは言い難く、状況も複雑である。

どちらにもトリックとレッドという、ある種導いている年長の男性がいて父親的愛情を注いでいてくれるのもわかりやすい共通点か。

 

その中で、ブラックリストはシーズン2は途中脱落気味なのに対し、ロストガールを見続けているのは(今はシーズン2の10話め)相棒のケンジーを気に入っているのと、ボウが前向きで出来るだけ自身の信念に沿って物事を正そうとしている姿勢が好きだからと思う。

 

Life is hard when you don't know who you are. It's harder when you don't know what you are. My love carries a death sentence.

I was lost for years, searching while hiding, only to find I belong to a world hidden from humans.

I won't hide anymore. I will live life I choose.

自分が何者かわからず何をしているかわからないのは、本当に辛い。私の愛は死をもたらす。

身を潜めながら探し出したのは、自分が人間が知らない世界のものだったこと。

もう何からも隠れずに、自分が選んだ道を生きる。

  

さらにブラックリストは何かと話が深刻なのに対し、ロストガールはフェイという架空のものを扱っている分、何か軽くてその軽さがちょうど良いのだと思う。

FARGO ファーゴ見終わる

ドラマ版の『FARGO』を見終わった。

映画版のマージがドラマではモリーであることはわかっていたが、きっちり妊娠までさせていていい。

 

レスター(マーティン・フリーマン)は成功したセールスマンになっていて、背筋も伸びおしゃれにな雰囲気。

やっぱり演技上手いなあとは思ったけど、一番はローン・マルボを演じているビリー・ボブ・ソーントン

なんだか薄気味悪いけど妙に説得力のある口ぶりの男から、魅力的な歯科医に変わっていてすてきー。

 

ピッチパーフェクト

『ピッチパーフェクト』を見ました。

結構好きな感じだったので、『ピッチパーフェクト2』を続けてみる。

 

最初から1の構成とかなり同じで、ちょっと退屈し始め止めようかと思ったけど、キャンプの辺りで笑いが出てきて、湖のWe Belongで爆笑し、最後のFlashlightでウルウルと来た。

youtu.be

 

オーブリー役の女性をどこかでみたなあとずっと考えていたが、The Good Wifeだった。スッキリ。

youtu.be

 

 

XP mode

windows7に、仮想環境XPモードを作る。

作るまでは問題なかったが、その後のwindows updateやアプリのインストールや設定に手間がかかって、今日では終わらなかった。

 

テキストエディタの設定はいつも忘れてしまい、使っては「こうじゃなかったな」と設定をイジる事になる。

iPhone

 スマホのプランなどを見直す。

持っていないと困るが、ヘビーな使い方もしていない。

 

3月請求分まで明細が見られるので、確認する。

 データ通信は7Gまでのを契約していたが、一番多い月でも2.5Gだった。

 電話は使ってないようで使っていて、通話料がパラパラとかかっている。

 

そこで、かけ放題で通信料は3Gまでのに変更してみた。

これで年間で考えれば、それなりに浮くのでは。

合わせて夫のも確認したら不要なオプションを複数支払っていた。

今月中に解約をお願いしたいところだがどうなるか。

 

2ヶ月後ぐらいに効果の程を確認するタスクを、スケジュールにいれておいた。

Fargo ファーゴ

ドラマ版の『ファーゴ』を見る。

昨日から見始め、今6話目をみながらこれを書いている。

 

なんの予備知識もなく見たので、いきなりマーティン・フリーマンが出てきて驚く。

ラブ・アクチュアリー』では、コメディタッチで人柄が良い感じ、『シャーロック』では軍医で銃も上手くキリッとしていたが、『ファーゴ』では小動物、それも小狡いネズミのようで、最初こそは同情していたが観ていてだんだんイライラと不快な男になっていった。

 

そもそも映画『ファーゴ』があるらしい。

ドラマもシーズン3が2017年に放送予定らしいし、楽しみが増えた。